逮捕や懲役の刑期でお悩みの方へ
麻薬事件で逮捕されたらATOM

薬物事件で警察に呼び出されたとき

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして、アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志です。このページをご覧のあなたは、覚醒剤・大麻・麻薬など薬物事件を起こし、警察から追及されている方や逮捕されてしまった方のご家族ではないでしょうか。警察の厳しい捜査を受ける場面では、世の中の全ての人が敵に見えてしまうかもしれませんが、ご安心ください。私たちアトムの弁護士はあなたの絶対的な味方です。

警察に呼び出されたとき、逮捕されてしまうのではないかと不安になられると思います。薬物事件では、一般的に証拠隠滅のおそれが大きいため、逮捕される例が多いのは事実です。

しかし、事案によっては、早期に弁護士に依頼して迅速かつ適切な弁護活動を受ければ、逮捕を阻止できることもあります。すでに逮捕されてしまった場合でも、弁護活動の結果、逮捕から48時間以内に勾留請求や起訴がされなければ、必ず釈放されます

覚醒剤・大麻・麻薬などの薬物事件では、冤罪が発生しやすいことも事実です。

友人から薬物事件の罪を被せられてしまったなどという場合には、弁護士に依頼して適切な捜査対応をすれば、嫌疑不十分を理由に不起訴を獲得することも可能です。不起訴になれば、前科がつかないで済むので、社会復帰も容易になります。

薬物の自己使用などで起訴されてしまった場合でも、弁護士に依頼して適切な情状弁護活動をしてもらえば、執行猶予を獲得できることも多いです。執行猶予期間が無事に経過すれば、懲役刑が免除され、刑務所に入らないで済むことになります。

薬物事件は常習性があり、再発を心配する方が多いです。薬物の専門機関への入所など、再犯防止・社会復帰の支援を受けることもできます。

アトム法律事務所では、薬物事件についての豊富な実績と蓄積された多数のノウハウをもとに、LINEでの24時間体制での無料相談を受け付けています。また、逮捕された本人の家族からの初回相談も無料です。受任した際の弁護士費用についてもあらかじめ明確にご説明します。

逮捕・勾留などの捜査の見込み、警察への取調べ対応、執行猶予獲得の見込み、保釈の可能性など、何でもお気軽にご相談ください。

薬物事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

薬物事件で警察に呼び出されたとき

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして、アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志です。このページをご覧のあなたは、覚醒剤・大麻・麻薬など薬物事件を起こし、警察から追及されている方や逮捕されてしまった方のご家族ではないでしょうか。警察の厳しい捜査を受ける場面では、世の中の全ての人が敵に見えてしまうかもしれませんが、ご安心ください。私たちアトムの弁護士はあなたの絶対的な味方です。

警察に呼び出されたとき、逮捕されてしまうのではないかと不安になられると思います。薬物事件では、一般的に証拠隠滅のおそれが大きいため、逮捕される例が多いのは事実です。

しかし、事案によっては、早期に弁護士に依頼して迅速かつ適切な弁護活動を受ければ、逮捕を阻止できることもあります。すでに逮捕されてしまった場合でも、弁護活動の結果、逮捕から48時間以内に勾留請求や起訴がされなければ、必ず釈放されます

覚醒剤・大麻・麻薬などの薬物事件では、冤罪が発生しやすいことも事実です。

友人から薬物事件の罪を被せられてしまったなどという場合には、弁護士に依頼して適切な捜査対応をすれば、嫌疑不十分を理由に不起訴を獲得することも可能です。不起訴になれば、前科がつかないで済むので、社会復帰も容易になります。

薬物の自己使用などで起訴されてしまった場合でも、弁護士に依頼して適切な情状弁護活動をしてもらえば、執行猶予を獲得できることも多いです。執行猶予期間が無事に経過すれば、懲役刑が免除され、刑務所に入らないで済むことになります。

薬物事件は常習性があり、再発を心配する方が多いです。薬物の専門機関への入所など、再犯防止・社会復帰の支援を受けることもできます。

アトム法律事務所では、薬物事件についての豊富な実績と蓄積された多数のノウハウをもとに、LINEでの24時間体制での無料相談を受け付けています。また、逮捕された本人の家族からの初回相談も無料です。受任した際の弁護士費用についてもあらかじめ明確にご説明します。

逮捕・勾留などの捜査の見込み、警察への取調べ対応、執行猶予獲得の見込み、保釈の可能性など、何でもお気軽にご相談ください。

薬物事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

覚醒剤・大麻等の麻薬事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、24時間受付のフリーダイヤルだけでなく、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

麻薬事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.